イラストを活用する!

-描いたをイラストを見てもらう・お金に繋げる方法-

@投稿サイトに投稿する!

投稿サイトに投稿することで、多くの人に見てもらうことや、新しい出会い、指摘などを得ることが出来ます。
また、同じようにイラストを投稿している人のいる環境に投稿することで、自分のやる気を引き出すことも可能です。

投稿系サイト情報(情報募集中)

サイト名&リンク サイト内容 一言説明
Pixiv イラスト投稿
イラストコミュニケーション
イラスト投稿の定番サイト。
かなりの数のイラストが投稿され、本なども出版されている。
ポタグラ イラスト投稿 ペイントソフトopenCanvas等のユーザー向け投稿サイト。
イラストの描いた手順が動画になる機能が特徴的。
Comicle マンガ投稿
マンガSNS
マンガ関係の無料投稿サイト。
コンテストなども行われている。
でじまん マンガ投稿 PCでモバイル向け作品を投稿するサイト。
投稿した作品は有料配信にすることなども可能。
PicLa イラスト投稿 イラスト投稿サイト。
投稿作品に落書きができる機能などが特徴的。
DreamTribe マンガ投稿 大手編集プロダクションが運営するマンガ投稿サイト。
投稿された作品が商業冊子に載ったこともある。

Aイラスト依頼仲介サイトで稼ぐ

音声専門の依頼仲介サービスに登録して生計を立てる方法です。
金銭の問題が起きにくいことや、様々な依頼をこなせることが長所ですが、
その半面、全て受身的になってしまい、仕事がしたいときに出来ないというのが短所です。

イラスト依頼仲介サービス情報(下記以外のサイト情報募集中です)

サイト名&リンク 報酬 一言説明
オーダーメイド.com 不明 総合的な依頼仲介サイト。
登録時には審査が必要なので、経歴などが無いと難しいかもしれない。
MOE-ILLUSTRATION.COM 不明 萌えイラストに特化した仲介サイト。
200任意上のクリエイターが登録している。

Bお仕事掲示板でお仕事をもらう

インターネット上には、同人サークルを始め、ボイス依頼をしたい人がたくさんいます。
その中には、有償の者もたくさんあります。
これらに応募することで、うまく採用される事が出来れば、報酬を頂くことが出来ます。

また、お仕事依頼を受付中と言うことをアピールすることで、お仕事の依頼がある場合があります。

長所としては、自由な時間にお仕事が出来ることが特徴です。
しかしながら、短所は自分から行動しない場合は、ほぼお仕事が舞い込みません。

お仕事掲示板情報

Cyber あまてらす

注意@
各種掲示板を使う場合は、マナーに気をつけましょう。
報酬が発生する、しない関わらず、マナー違反を行うことは、あなた自身の評価を下げることに繋がります。

話し言葉では無く、きちんとした文章で書き、依頼する人が興味を持ってくれるような書き方をしましょう。

また、相手にメールをする場合は、相手の名前、自分の名前を必ず書きましょう。
文末に連絡先・名前を書くことも忘れずにして下さい。

注意A
ゲーム募集に参加する際には、相手を見極めましょう。
突然連絡が取れなくなる場合や、報酬を支払わないという、悪質なクリエイターも世の中にはいます。

最初に支払いや、途中で企画倒れになった場合もお金をもらうことをしっかりと連絡しておくことが大切です。

Cホームページ・プログを作ってお仕事を受け付ける!

Bのお仕事掲示板を使う方法と似ていますが、ブログ・HPを開設して、お仕事をもらう方法もあります。
こちらは、完全受身になりますが、自分の情報を好きな形で掲載することが出来ることが特徴です。

長所は自由度が高いこと、また人によってはHPやブログ作り自体が楽しめ、自己表現に繋がります。
短所は、PR活動を行わない場合、アクセス数は皆無です。積極的に動くことが大切です。

D同人作品を創る!

自らで企画して、イラストを同人サークルとして販売します。
自分ひとりで出来るCGやマンガを作成します。
これを、完成後に同人販売サイトで販売する方法です。

元ネタなどが思いつかない場合は、外注する方法もあります。
Aに記載したお仕事掲示板などで、企画やマンガの原案の募集を行うことで、外注を行えます。

長所は、自分の声を自分の好きにPR出来ること、自分主導で出来る、コストを抑えれば多くの資金が手元に入る可能性があります。
短所は、アダルト作品などで無いと、販売数が伸びないことが多いので、PR活動が必要な可能性があります。

同人販売サイト情報

サイト名&リンク 報酬 一言説明
30%〜70%
(販売金額に応じて変化)
国内最大手の販売サイト。
サークル登録でブログも出来るので、ブログでのPR等も可能。
同人ダウンロードショップ DiGiket.com 30〜70% 全年齢も取り扱う同人ショップ。
作品数も多い方なので、登録必須サイトです。

お金をもらう?それとも無償で続ける?

趣味でやるからにはお金をもらいたくない!
趣味なんだからお金取るなんておかしい!

と思う方も多いかもしれません。
ですが、稼いだお金が貯まれば、機材をパワーアップさせ、より良い絵にチャレンジすることが出来ます。
他にも、自己出版やコミケ等の即売会への旅費も稼げます。新しい場所に旅行をして、創作意欲を増すこともできるかもしれません。

どうせやるなら、お金もらえた方がいいじゃないですか。
お金をもらうことで、市場も活性化して、新しいチャレンジやサービスが増えるかもしれないのです。

ぜひ、お金取ろうか取らないか迷っている方は、報酬を受けることにチャレンジして下さい。
人の感謝を、お金と言う形でも残すことが出来るのです。

アマチュア創作支援所